借金のデメリットを理解してカードを利用する

消費者金融や銀行のような金曜業者のカードローン審査クリア後に、キャッシングやローン利用が可能になりますが、借金は使い方によっては非常に有利な点が多いものの、デメリット面を理解しなければ大きなトラブルになりえます。

特に注意したいのは、借金を行う時には借りる事ばかり意識してしまう事であり、返済を意識した上で利用が安全です。

借金を行った場合には金利に基づいた利息負担が必要であり、返済ルールを守らずに延滞や滞納すれば利息負担が大きくなってしまいますが、こうした利息負担が上乗せされるだけがデメリットでは無いと言えます。

返済ルールを守れないと信用情報に傷が付いて、新しく借金を依頼する時に不利になりますし、借金癖が付いてしまうと借金返済の為に借金すれば良いという考えになりがちで、そうなると複数社からの借入を行って雪だるま式に借金が増えてしまうものです。

借金は簡単に増えてしまい、返済出来ないと信用に傷が付いて将来的な審査にも悪影響が出てしまい、こうした信用情報の傷に関しては金融業者が共有出来る情報になります。

例えば独身時代に気楽に借金をして、その時に延滞滞納を行った経験があり、その後家族を持ってから住宅ローンを組もうとすると、過去の履歴から断られてしまって人生設計が狂ってしまう可能性もあるのです。

その瞬間だけの問題だけではなく、カード利用履歴が将来にも影響を及ぼす事を理解した上で借金利用が有効になります。

借金をすることの怖さについて

テレビCMやインターネットの広告では、キャッシングやカードローンで簡単にお金が借りられるとうたったものが多いですが、気軽な気持ちで借金をすると、あとで大変返済に苦労することになります。
借金は必ず返さなければならないため、なぜお金を借りる必要があるのか、本当に借金をしなくてはならないのかについて、借りる前に今一度確認する必要があります。
なぜなら、借金は借りた金額に金利をのせて返さなければなりません。
金利をのせて返すと、当然借りた金額を大きく上回る金額を返済することになります。
キャッシングやカードローンをしている方は、生活費が足りない、ギャンブルに使いたい、といった理由のケースをよく見かけますが、例えば生活費を借金する必要があるということは、収入に対して生活費が上回っているということですので、支出を見直す必要があります。
又、貯蓄が無いというのも問題です。
貯蓄が無いから借金をするのですが、もともとお金が足りていないのに借金の返済に追われるわけですから、借りる前よりも生活が大変になってしまいます。
ギャンブルも同じです。賭け事に使うお金をキャッシングした場合、多くの場合でそのお金を失うことになります。なぜなら、どのような賭け事も負ける人が多いことで成り立っているからです。貯蓄から賭け事をするのなら問題はありませんが、賭け事をする蓄えも無いのですから、当然返済に行き詰まることになります。
返せるあての無い借金は、身をほろぼすことになりかねませんので、注意が必要です。

収支のバランスを考えて最適な借金返済方法を決めることが大切

主婦が借金をする目的は生活費や子供の養育費など日常生活において必要なお金を借りるためで、カードローンやキャッシングなどがあるため違いを把握して最適な方法を探す必要があります。初めてお金を借りる時は残高に応じて金利がかかることを認識し、安易に借りないように仕組みを把握して今後の収入の状況に合わせて返済方法を決めることが大事です。
主婦がお金を借りる場合はアルバイトやパートでも気軽に申し込めるローンやキャッシングを探し、利用可能額が少なく金利が高いため必要以上に使わないように心がける必要があります。夫に内緒でお金を借りる時はインターネットを使って申し込みや返済方法を決め、郵便物が発送されないようにすることや滞納をして通知などが送付されないよう責任を持って考えることが大事です。お金を借りる際は安易に考えると金銭感覚が麻痺しやすく、収支のバランスを考えて責任を持って使うことが求められます。
主婦が借金をするために注意すべきことは趣味などの目的で借りないようにすることや今後の収入の状況を確かめて返済計画を立て、収支のバランスを考えて最適な借金返済方法を決めることです。お金は生活において必要不可欠ですが、ローンやキャッシングをする際には責任を持って使う意識をする必要があります。

マイナス金利政策で借金を抱える人が増えてしまっています

これまで私たちは、金融機関の超低金利に長年苦しめられてきたのに、ここに来て日銀のマイナス金利政策の導入によって更に金利が下がってしまい、更に苦しい思いをさせられてしまっているのです。
最早金融機関にお金を預けておいても意味がないので、金融機関にお金を預ける事をやめ、少しでも早く大きくお金が増える投資にお金を振り分ける人が増えて来ています。
ここ最近はNISAやFXなどの新しい投資商品が増え、初心者を投資へと誘う動きが活発化しています。
特にFXは投資商品の中で人気が高く、これまで投資に関わった事がない人が、FXを通じて投資を始めているのです。
FXの特長は、少ない資金でも大きな取引が出来る所です。
これをレバレッジと言い、資金の何十倍もの取引が可能となって居ます。
しかしこのレバレッジは両刃の剣と言うべきものであり、上手く取引出来れば思いもかけない利益が得られますが、逆に取引が上手く行かなければ、思いもかけないほどの損失を被る事になります。
なのでこのレバレッジを使ったばかりに多額の損失を被り、やむを得ず借金を抱えてしまう人が急増しています。
マイナス金利政策は投資をする人を増やす事に加担して、それによって借金を抱える人を増やす手助けをしてしまっているのです。

借金は上手にしましょう!

いつも高価なものを身に着け、美味しいものを食べ、旅行に行っている友人が、借金でひどいことになったという話を別の友人から聞きました。やっぱり借金をしていたんだなと思いました。友人が働いている会社を良く知っているので、お給料もどのぐらいかわかるんです。あんなに贅沢なことをしてどうして?と疑問に思っていたのですが、やはり借金をしていたんだなと納得しました。

私も以前借金をしてひどい経験をしたことがあります。返済ができずに家族に返済をしてもらいました。あの時はもう二度と借金はしないぞと思ったのですが、結局今でもたまに借金をしてしまっています。でも今は返済できる程度に借金をすることができるようになり、自分をコントロールすることができるようになったので、借金は悪いものではないと思えるようになりました。

どうしても買い物をしすぎて今月生活費が足りないなとか、まとまったお金が必要になった時に、消費者金融を利用しています。返済ができると思った時だけ借金をしているのです。借金をしている感覚がなくなってしまったら、絶対にだめだと思います。上手に消費者金融を利用することができれば、借金で苦しむことはありません。これからも時々借金をします。

幼少期の頃を思い出すと嫌な思い出しかありません

幼少期の頃を思い出すと、必ず付いて回っていたのが貧しくてひもじい思いをした記憶ですね。着ている洋服は基本的に近所の人のお下がりで、食べるものもおかずがテーブルの上にずらりと並んだのを見たことはありません。それが誕生日やクリスマス、お正月など特別な日であってもです。
我が家が何故そんなに貧しいのかというと、父が親戚の叔父さんの保証人になってしまっていたからです。若い頃に世話になったらしく、事業を興す際の借金の保証人を頼まれて押印をしてしまったそうなのです。しかし素人が商売をしたところで、上手く行くわけもありません。その叔父さんが何の仕事をしていたのかは知りませんが、事業を興してから数年で廃業してしまったそうです。そしてそのまま蒸発し、あれから三十年近くが経過した今でも行方は分かりません。そして、残された借金は一億円近くになったそうです。そう、それはそのまま保証人である父の下に降りかかってくるわけです。
こうして我が家は莫大な借金に追われることになり、結局は返済しきれずに自己破産。さらには事前に迷惑をかけられないということで、父は母と離婚をしてしまいました。多感な中学生の時だったので、正直これはかなり傷付きましたね。
こうして自分の借金ではありませんが、保証人になったせいで人生を狂わされた父。今でも交流はありますが、幼少期の貧しい生活を思い出すと苦々しい感情しか出てきません。一時の気の迷いとは言え、簡単に保証人になった父を恨みますね。そして、そんな父を残して蒸発した叔父という存在は恨みという感情を通り越して、忌々しい感情しか持てません。