Ichigo-to-Pinattsu

now browsing by category

 

収支のバランスを考えて最適な借金返済方法を決めることが大切

主婦が借金をする目的は生活費や子供の養育費など日常生活において必要なお金を借りるためで、カードローンやキャッシングなどがあるため違いを把握して最適な方法を探す必要があります。初めてお金を借りる時は残高に応じて金利がかかることを認識し、安易に借りないように仕組みを把握して今後の収入の状況に合わせて返済方法を決めることが大事です。
主婦がお金を借りる場合はアルバイトやパートでも気軽に申し込めるローンやキャッシングを探し、利用可能額が少なく金利が高いため必要以上に使わないように心がける必要があります。夫に内緒でお金を借りる時はインターネットを使って申し込みや返済方法を決め、郵便物が発送されないようにすることや滞納をして通知などが送付されないよう責任を持って考えることが大事です。お金を借りる際は安易に考えると金銭感覚が麻痺しやすく、収支のバランスを考えて責任を持って使うことが求められます。
主婦が借金をするために注意すべきことは趣味などの目的で借りないようにすることや今後の収入の状況を確かめて返済計画を立て、収支のバランスを考えて最適な借金返済方法を決めることです。お金は生活において必要不可欠ですが、ローンやキャッシングをする際には責任を持って使う意識をする必要があります。

お気に入りサイト
http://借金返済できない払えない.net/
b1

幼少期の頃を思い出すと嫌な思い出しかありません

幼少期の頃を思い出すと、必ず付いて回っていたのが貧しくてひもじい思いをした記憶ですね。着ている洋服は基本的に近所の人のお下がりで、食べるものもおかずがテーブルの上にずらりと並んだのを見たことはありません。それが誕生日やクリスマス、お正月など特別な日であってもです。
我が家が何故そんなに貧しいのかというと、父が親戚の叔父さんの保証人になってしまっていたからです。若い頃に世話になったらしく、事業を興す際の借金の保証人を頼まれて押印をしてしまったそうなのです。しかし素人が商売をしたところで、上手く行くわけもありません。その叔父さんが何の仕事をしていたのかは知りませんが、事業を興してから数年で廃業してしまったそうです。そしてそのまま蒸発し、あれから三十年近くが経過した今でも行方は分かりません。そして、残された借金は一億円近くになったそうです。そう、それはそのまま保証人である父の下に降りかかってくるわけです。
こうして我が家は莫大な借金に追われることになり、結局は返済しきれずに自己破産。さらには事前に迷惑をかけられないということで、父は母と離婚をしてしまいました。多感な中学生の時だったので、正直これはかなり傷付きましたね。
こうして自分の借金ではありませんが、保証人になったせいで人生を狂わされた父。今でも交流はありますが、幼少期の貧しい生活を思い出すと苦々しい感情しか出てきません。一時の気の迷いとは言え、簡単に保証人になった父を恨みますね。そして、そんな父を残して蒸発した叔父という存在は恨みという感情を通り越して、忌々しい感情しか持てません。